赤木春恵さん、死去

 芸能事務所の「株式会社オフィスのいり」によると、所属する女優の赤木春恵さんが亡くなったそうです。94歳、死因は心不全でした。

 赤木さんは1924年に旧満州で生まれ、1933年に帰国。女学校卒業後の1940年、ニューフェースとして松竹に入社、同年に映画デビューを果たしました。

 1979年に始まった「3年B組金八先生」で、舞台となる中学校の校長役を演じると、これが当たり役となって一躍その名が知られるようになります。その地位を不動としたのが、1990年にスタートした「渡る世間は鬼ばかり」。姑の小島キミ役を演じ、シリーズ10本とスペシャルと特別企画8本のほぼ全てに出演、橋田ファミリーの代表と言われるようになります。

 2011年に舞台を引退しましたが女優業は続け、2013年には映画「ペコロスの母に会いに行く」で88歳にして映画初主演。それまで最高齢映画初主演女優だった菅井きんの82歳を更新、ギネス世界記録に認定されました。

 葬儀委員長は「渡る世間は鬼ばかり」の石井ふく子プロデューサーが務めると言う事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です