平田被告を再逮捕

 警視庁は31日午後、1995年に東京都杉並区のマンションで起きたオウム真理教による爆弾事件などに関与したとして、逮捕監禁罪で起訴されている元教団幹部の平田信被告(46)を爆発物取締罰則違反容疑と火炎瓶処罰法違反容疑で再逮捕しました。

 平田信はオウム真理教の元幹部で、一連のオウム真理教事件において、1995年(平成7年)2月に発生した「公証人役場事務長逮捕監禁致死事件」では逃走車両運転手役を担当し、また同3月に発生した「島田裕巳宅爆弾事件」にも関与したとされて、1995年5月21日に指名手配。後にオウム真理教による「地下鉄サリン事件」に関わった高橋克也、菊地直子らとともに、7人の「オウム真理教特別手配被疑者」の1人に指定されました。
 しかし、17年たった2011年(平成23年)12月31日、警視庁丸の内警察署に出頭。指紋照合の結果平田本人と確定されたため、警視庁は翌日の2012年(平成24年)1月1日に監禁致死の容疑で逮捕していました。

 宗教学者の島田裕巳さんが住んでいたマンションを爆破した事件と、教団の東京本部へ火炎瓶を投げ込んだ自作自演の事件で、いずれも共犯者が公判中だったため時効が停止していたものです。警察庁長官狙撃事件が時効になった、のが出頭の理由だった平田容疑者。時効停止のことは知らなかったのか?。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です