フランスで「一つ星」日本人シェフ続々

 フランスの有力レストランガイド「ミシュラン」が27日発表した2012年のフランス版格付けによると、日本人が料理長を務めるパリの2店とフランス中部サンバランタン村の1店が新たに「一つ星」に選ばれたそうです。

 星を獲得したのは、長野県出身、小林圭さん(34)経営の「ケイ」(パリ)、佐賀県出身、吉武広樹さん(31)経営の「ソラ」(同)、福岡県出身、浜野雅文さん(36)が総料理長を務める「オ・キャトーズ・フェブリエ」(サンバランタン村)。

 ミシュランガイドは、フランスのミシュラン社により出版されるさまざまなガイドブックの総称です。その中で最も代表的なのが、レストランの評価を星の数で表すことで知られるレストラン・ホテルガイド。近年日本版も発売されて話題になっています。

 そのミシュランガイドで、国内のみならず海外で星を獲得する日本人料理人は結構な数に上ります。一度星を獲得した料理人の国籍を集計してみたら面白いかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です