安倍内閣、支持率72%

 読売新聞社が10日~12日に電話方式で行った全国世論調査によると、安倍内閣の支持率は72%だったそうです。

 前回は74%で、内閣発足から4回続いていた上昇は止まりましたが、以前高い水準を維持しています。ちなみに不支持率は20%で、前回の17%から3%上がっています。

 安倍内閣が日本銀行と連携して進めている経済政策、いわゆるアベノミクスについて「評価する」は65%(前回67%)。安倍内閣が景気回復を実現できる、との回答は55%(同57%)でした。ただし、景気回復を「実感している」という人は21%にとどまり、逆に「実感していない」が76%に達しています。

 安倍内閣、高い支持率を維持しています。民主党政権があまりにも酷すぎた反動もあるでしょうが、それにしても高い数字です。景気回復を実感していない人が76%、と言うのも当然で、これほど長い間デフレと不景気に苦しんだ日本経済が政権交代後数ヶ月で回復するものではありません。むしろ実感している人が21%もいることに驚きます。株価が上がって証券会社は景気が良いようですから、金融関係の人かも知れません。

 その他環太平洋経済連携協定(TPP)への参加については、「賛成」が55%(前回60%)で、「反対」は28%(同28%)でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です