あと5年は大使館生活

 内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジ容疑者(41)がイギリスにあるエクアドル大使館に駆け込んでから、19日で1年となります。イギリスのヘイグ、エクアドルのパティニョ両外相は17日にロンドンでこの問題を協議しましたが、進展はありませんでした。

 イギリス外務省によると、ヘイグ氏は会談で「イギリス国内法による解決しかあり得ない」と強調、同容疑者が大使館外に出たら、直ちに逮捕する方針を改めて示したそうです。またパティニョ氏は会談後、「アサンジ氏は少なくともあと5年間、大使館で生活する覚悟がある」と記者団に述べたといい、この状況は今後もしばらく続きそうです。

 ウィキリークスは、匿名により政府、企業、宗教などに関する機密情報を公開するウェブサイトの一つ。創始者はジュリアン・アサンジ。

 一時大騒ぎになっていたウィキリークスでしたが、そう言えばこの所報道でも耳にすることがなかったような。さすがにエクアドル大使館に籠もったままでは、活動のしようがないのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です