近大野球部、3か月活動停止

 近畿大学は2日に大阪市内で会見を行い、硬式野球部の秋季リーグ戦出場辞退と、今月1日から3カ月間の活動停止処分を同部に科したことを発表しました。

 同部所属で経営学部1年生の男子学生(18)が7月25日に、東大阪市の路上で65歳の女性から現金4万2000円の入った手提げバッグをひったくった窃盗容疑で奈良県警に逮捕されたためで、近畿大学は同31日に懲罰委員会を開いて同学生を無期停学処分にしています。また、浦崎直浩野球部長(52)と体調不良で入院中の榎本保監督(58)は辞任を申し出ており、近く受理される見通しです。

 同大では2009年にボクシング部員が強盗事件を起こして廃部に追い込まれ、昨年10月に復活したばかりだけに、衝撃は大きいようです。

 近畿大学野球部は1949年創部以来、旧リーグ含めてリーグ戦44度、全日本大学選手権4度、明治神宮野球大会2度の優勝を誇り、藤井彰(阪神タイガース)、二岡智宏(北海道日本ハムファイターズ)、糸井嘉男(大阪オリックスバファローズ)、大隣憲司(福岡ソフトバンクホークス)など、プロ野球にも多くの選手を輩出している名門です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です