マグロの初競り、736万円

 築地(東京)の中央卸売市場で5日早朝に今年の初競りが行われ、大間(青森)産の本マグロ(230キロ)が最高値の736万円で競り落とされました。

 落札したのは、すし店「すしざんまい」を展開する「喜代村」(東京都中央区)で、同社は昨年も222キロの本マグロを1億5540万円で落札して話題となりました。
 初競りの本マグロの最高値は、2006年の382万円から7年連続で上昇し、とくに2009年以降は業者間の競争の過熱で高騰が続き、昨年はとうとう1億円を超える異常事態になっていましたが、、今年の初競りでは、これまで喜代村と競り合ってきた「板前寿司ジャパン」(中央区)が競り合いから撤退、5年ぶりに1000万円を割り込み、落ち着いた価格となったものです。
 落札した喜代村の木村清社長は「これが通常の相場。いいマグロを落札できてうれしい」と語っています。

 落札された本マグロは1キロあたり3万2000円。喜代村はこの日、1キロあたりの最高値となる4万円の本マグロ(168キロ)も落札しており、各店で赤身は128円、大トロは398円で販売するという事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です