日本郵政、3期連続最終減益

 日本郵政とゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の日本郵政グループ3社が13日に平成27年9月中間連結決算を発表しました。

 そてによると、最終利益は1・7%減の2133億円と、上期としては3期連続の減益だったそうです。経常損益は日本郵便が218億円の損失、金融2社も計660億円の減益で8・8%減の4733億円、売上高に当たる経常収益は前年同期比1%減の7兆350億円でした。

 4日に株式を上場した日本郵政グループですが、日本郵便は主力の郵便・物流事業の営業損失463億円が響きましや。また、ゆうちょ銀行の貯金残高は前年同期比8154億円減の177兆1310億円、かんぽ生命の保有契約件数は65万件減の3282万件と、金融部門も振るいません。

 アベノミクスの恩恵を受けて金融業界の業績は悪くないのですが、日本郵政グループは3期連続の減益。規模は巨大で、株価の方も公開価格を上回る人気となっていますが、これからどうなるか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です