振り込め詐欺、高額被害が増加

 東京都内の振り込め詐欺の被害額がことし1月からの半年間で20億円を超え、特に1000万円以上をだまし取られる高額の被害が大幅に増えて4件に上り、昨年1年間の件数(38件)をすでに上回っていることが警視庁のまとめで判りました。
 警視庁では「限度額が設定されている口座振り込みではなく、被害者から直接手渡しさせる手口が多くなっていることが被害の高額化の要因」とみています。

 警視庁によると、都内での振り込め詐欺の被害は今年1月からの半年間に764件あり、件数自体は去年の同じ時期より35件減っていますが、被害額は全体で20億1800万円余りに上り、去年の同じ時期よりおよそ2億5000万円、率にして14%増えています。

 今年1月には、80歳の女性が息子を装った男から「小切手が入ったカバンを置き忘れた」と電話を受け、息子の部下を名乗る男に4回にわたって合わせて3700万円を騙し取られるなど、全体の約6割が自宅に現金を受け取りに来る「手交型」になっています。また、1度現金を渡すと繰り返しだまされて被害が大きくなるケースが目立つのも特徴です。

 警視庁は、息子や孫などを名乗って現金を要求する電話や、部下や同僚などに現金を取りに行かせるといった電話を受けた場合は、すぐに信用せずに本人に連絡して確認するほか警察に通報してほしいと呼びかけています。

高橋克也容疑者4日まで川崎潜伏

 オウム真理教による地下鉄サリン事件で、特別手配中の高橋克也容疑者(54)が今月4日頃まで、川崎市内のアパートに潜伏していたことがわかりました。

 前日の3日に菊地直子容疑者(40)が逮捕されており、報道などで菊地容疑者の逮捕を知って慌てて逃げたらしく、警視庁が菊地容疑者の供述等からアパートを割り出し、捜査員を派遣した時には既に逃亡した後ながら、室内には生活用品がそのまま放置されていたそうです。
 また、銀行から預金230万円余りを引き出している姿が防犯カメラに残っていました。

 人を隠すなら、と言う言葉がありますが、東京の隣の100万人都市に潜んでいたとは。指名手配ポスターもあちこちに貼られ、警戒も厳重な首都圏でよくこれほどの間潜んでいた物です。確かに風貌はすっかり変化していて、手配写真とは似ても似つかなくなっていますが、住民票や免許証などは作れないでしょうし、保険証もどうなっていたのか。身分証明が無い状態で社会保障や税金の扱いもどうだったのか。

AIJ社長「水増し数字、私が作った」

 AIJ投資顧問の浅川和彦社長は27日、衆議院の財務金融委員会の参考人質疑に出席。「水増しした数字を私が渡して、(うその運用報告書を)つくった。損した形でお返ししたくなかった」と述べ、損失が生じていることを隠し、顧客にうその実績を説明していたことを認めました。

 AIJ投資顧問は浅川和彦が1989年に前身の投資顧問企業を買収し、2004年に社長に就任したものです。中小企業の厚生年金基金の運用を主力としており、顧客に対して240%の運用利回りを確保していると説明。2011年9月末時点で、124の企業年金から1984億円の資産の運用を受託していました。しかし、2012年1月下旬の証券取引等監視委員会の検査により、運用資産の大部分が消失していることが明らかとなり、同年3月23日、証券取引等監視委員会が、企業年金資産消失問題に於いて金融商品取引法違反を理由とし、AIJへの強制捜査に着手していました。

 「騙すつもりはなかった」、必ず詐欺師は言いますね。しかし、虚偽の運用成績で資金を集め、これ程巨額の損失を出した以上、どんな言い訳をしようが無駄な事です。しかしこの状態では、おそらく日本犯罪史上最大の詐欺事件、裁判だけでもかなりの時間がかかるでしょう。