山中教授、雇用環境の改善を訴え

 18日に開かれた政府の総合科学技術会議の有識者議員会合で、今年のノーベル生理学・医学賞に決まった京都大学の山中伸弥教授(50)が、日本の研究現場の雇用環境改善を訴えました。

 なんでも「研究スタッフをきちんと雇うには、マラソンを1年間に80回走らないといけない」のだそうです。
 山中教授は、自身が所長を務める京都大学iPS細胞研究所の教職員約200人のうち、9割近くが有期雇用で、その人件費は年間約8億円だと言うことです。

 山中伸弥教授は、日本の医学者で京都大学iPS細胞研究所所長、医学博士。カリフォルニア大学サンフランシスコ校グラッドストーン研究所上級研究員、奈良先端科学技術大学院大学栄誉教授。「成熟細胞が初期化され多能性をもつことの発見」により2012年のノーベル生理学・医学賞を受賞しています。
 2012年(平成24年)3月11日の京都マラソンで山中自身が完走することを条件に クラウドファンディングと呼ばれる募金方法によるiPS基金へ寄付を呼びかけ1000万円あまりの寄付がありました。